与党税制改正大綱が決定

自民、公明両党は12月8日、平成29年度与党税制改正大綱を決定しました。
注目されていた所得税の配偶者控除の改正については、控除対象となる配偶者の年収を
現在の「103万以下」から「150万以下」に拡大することで決着。あわせて、150万円を
超えても、「201万以下」は収入に応じた一定額の控除を受けられる仕組みも設けられま
した。
 ただし、対象拡大に伴う税収の減少を補うため、世帯主の年収制限を新設し、1220万
円を超える高所得者の世帯は控除対象から外されることになります。
 政府は関連改正案を次の国会に提出し、平成30年1月からの施行を目指しています。