厚生労働省はこのほど、「平成28年国民生活基礎調査」の結果を取りまとめ
ましたので公表します。
 国民生活基礎調査は、保健、医療、福祉、年金、所得などの国民生活の基礎的
事項を調査し、厚生労働行政の企画、運営に必要な基礎資料を得ることを目的に
、昭和61年を初年として3年ごとに大規模な調査を、その間の各年は調査事項と
対象世帯の少ない簡易な調査を実施しています。
 平成28年は、11回目の大規模な調査の実施年に当たり、6月に世帯票・健康票
は約29万世帯、介護票は約8千人、7月に所得票・貯蓄票は約3万世帯を対象とし
て調査し、世帯票・健康票は約22万世帯、介護票は約7千人、所得票・貯蓄票は
約2万世帯を集計しました。
 なお、熊本地震の影響により、熊本県については調査を実施していないため、
今回の結果は熊本県分を除いて集計しています。

【調査結果のポイント】
1.世帯の状況
・高齢者世帯は1327万1千世帯<1161万4千世帯>、全世帯の26.6%<23.2%>と
  世帯数、割合とも過去最高
注:高齢者世帯は、65歳以上の人のみか、65歳以上の人と18歳未満の未婚の人で構成する世帯

2.所得者の状況
・1世帯当たり平均所得金額は545万8千円<567万2千円>と増加
 ・相対的貧困率は15.6%<16.1%>で対24年0.5ポイントの低下
  子どもの貧困率は13.9%<16.3%>で対24年2.4ポイントの低下
 注:平均所得額及び相対的貧困率を算出している所得は、調査前年1月1日から12月31日までの
   1年間の所得である。
 ・生活意識が「苦しい」とした世帯は56.5%で2年連続低下
注:生活意識は、5段階の選択肢であり、「苦しい」は「大変苦しい」「やや苦しい」の合計

3.健康の状況
・がん検診の受診率はいずれも上昇傾向
   胃がん  男46.4%<45.8%>、女35.6%<33.8%>
   肺がん  男51.0%<47.5%>、女41.7%<37.4%>
   大腸がん 男44.5%<41.4%>、女38.5%<34.5%>
   子宮がん(子宮頸がん)    女33.7%<32.7%>
   乳がん            女36.9%<34.2%>

4.介護の状況
・同居の主な介護者と要介護者がいずれも65歳以上の割合は、54.7%<51.2%>で
  上昇傾向

 < >は、平成25年調査(前回の大規模調査)の結果である。