東北地方太平洋沖地震と労災保険Q&A

——————————————————————————–

 東北地方太平洋沖地震に伴う労災保険の請求などでよくある質問について、

 3月24日、厚生労働省労働基準局労災補償部から都道府県労働局労働基準部あてに「東北地方太平洋沖地震と労災保険Q&A」という事務連絡が行われました。これは、東北地方太平洋沖地震による震災、津波に遭遇した場合の労災保険の取扱いをQ&Aとして作成されたものです。
 述べ35個のQ&Aが掲載されておりますが、ここではいくつかをピックアップして紹介致します。

○労災認定の考え方について
 仕事中に、地震や津波により建物が倒壊したこと等が原因で被災した場合は、作業方法や作業環境、事業場施設の状況などの危険環境下の業務に伴う危険が現実化したものとして、労災補償の対象となります。
 通勤途上で被災した場合も、業務災害と同様、その途上で津波や建物の倒壊等により被災したときには、通勤に通常伴う危険が現実化したものとして、労災補償の対象となります。

【業務災害関係】
Q.仕事中に地震にあって、会社のある地域に避難指示が出たので避難している最中に津波によりケガをした(死亡した)場合は、労災保険が適用されますか?

A.仕事中に地震があり避難することは、仕事に付随する行為となります。したがって、津波に限らず、避難行為中に怪我をされた場合は、通常、業務災害として、労災保険給付が受けられます。

【通勤災害関係】
Q.地震のため電車が動いておらず、職場で一晩とまってから翌朝帰宅しました。帰宅途中にケガをした場合、通勤災害になりますか?

A.電車が動かないというようなやむを得ない事情がある場合、職場に宿泊してから帰宅する際のケガは通勤災害として認定されます。なお、この場合でも途中で逸脱や中断をした場合は通勤ではなくなりますので、気をつけてください。

【診療費関係】
Q.会社から避難中にケガをし、保険証もなかったので全額自己負担で受診しました。今から労災申請できますか?

A.仕事中に避難し、その途中でケガをされた場合には業務上として労災保険の療養が受けられます。既に自己負担されていても、その自己負担分が労災保険から支払われますので、自己負担した金額が確認できる領収書などを添付して請求することとなります。
 今回の震災では、労災請求される場合に
 ①任意の様式で請求できること
 ②事業主や診療した医師の証明がなくとも受け付けること
などの弾力的な運用をしています。
 また、請求書の提出方法についても
 ①最寄りの監督署へ提出
 ②出張相談を利用しての提出
を可能としていますのでご活用ください。

 この他にも、自宅以外の場所に避難されている方、地震の影響でこれまでの労災手続きが困難になっている方等の労災保険の請求など、具体的な事例が掲載されています。
 
詳しくは下記参照先をご覧ください。

参照ホームページ[厚生労働省]
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000015vli-img/2r9852000001653g.pdf