——————————————————————————–

  厚生労働省は、平成24年の「職場での熱中症による死亡災害の発生状況」をとりまとめ公表しました。それによると、昨年の職場での熱中症による死亡者は21人と、依然として多くの人が亡くなっており、熱中症予防対策の的確な実施が必要となっています。

厚生労働省では、職場での熱中症の予防について、
・WBGT値を測定することなどによって、職場の暑熱の状況を把握し、作業環境や作業、健康の管理を行う
・熱への順化期間(熱に慣れ、その環境に適応する期間)を計画的に設定する
・自覚症状の有無にかかわらず、水分・塩分を摂取する
・熱中症の発症に影響を与えるおそれのある、糖尿病などの疾患がある労働者への健康管理を行う
などの具体的な対策を定めています。

◎熱中症による死亡者数の業種別発生状況(平成22~24年)
過去3年間(平成22~24年)の業種別の熱中症の死亡災害の発生状況をみると、建設業が最も多く全体の約4割を占め、次いで製造業で全体の約2割を占めています。

◎熱中症による死亡災害の時間帯別発生状況(平成22~24年)
過去3年間(平成22~24年)の時間帯別発生状況をみると、日中にほぼ平均的に発生しているが、15時台から16時台にピークがあります。

※9時以前は0時台から9時台まで、18時以降は午18時台から23時台までを指しています。

◎平成25年の職場での熱中症予防対策の重点的な実施についての概要

1.建設業や、建設現場に付随して行う警備業では、特に次の4項目を重点事項とすること。
(1)WBGT基準値を超えることが予想される場合には、簡易な屋根の設置、スポットクーラーの使用、作業時間の見直しを行うとともに、単独での作業を避けること。
作業時間については、特に、7、8月の14時から17時の炎天下等でWBGT値が基準値を大幅に超える場合には、原則作業を行わないことも含めて見直しを図ること。

(2)作業者が睡眠不足、体調不良、前日に飲酒、朝食を食べていない、発熱下痢による脱水等の場合は、熱中症の発症に影響を与えるおそれがあることから、作業者に対して日常の健康管理について指導するほか、朝礼の際にその状態が顕著にみられる作業者については、作業場所の変更や作業転換等を行うこと。

(3)管理・監督者による頻繁な巡視や、朝礼等の際の注意喚起等により、自覚症状の有無に関わらず、作業者に水分・塩分を定期的に摂取させること。

(4)高温多湿な作業場所で初めて作業する場合には、順化期間を設ける等配慮すること。

2.製造業では、特に次の2項目を重点事項とすること。
(1)WBGT値の計測等を行い、必要に応じて作業計画の見直し等を行うこと。

(2)管理・監督者による頻繁な巡視や、朝礼等の際の注意喚起等により、自覚症状の有無に関わらず、作業者に水分・塩分を定期的に摂取させること。

【参考】
 人口動態統計月報(概数)の平成24年6~9月分での熱中症による死亡者数は、685人(※)となっています。
(※労働者以外も含む人数)

詳しくは下記参照先をご覧ください。
参照ホームページ[厚生労働省]
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/h25necchuushou.html

——————————————————————————–