Question:
従業員が産前産後休業に入りました。産前産後取得者申出書はいつまでに提出すればいいでしょうか。

Answer:
産前42日(多胎妊娠の場合98日)又は産後56日の間で、申出書の提出を行ってください。

産前産後休業・育児休業期間中の保険料免除

・産前産後休業中の保険料免除
出産による産前産後休業期間中(出産の日以前42日(多胎妊娠の場合は98日)、出産の日後56日のうち、妊娠または出産を理由として労務に従事しなかった期間)については、健康保険・厚生年金保険料は、事業主の申出により、被保険者・事業主分とも免除されます。
事業主は、被保険者から申出があった場合は、産前産後休業期間中に「産前産後取得者申出書」を年金事務所等に提出してください。休業開始日の属する月から休業終了日の翌日が属する月の前月まで保険料は徴収されません。

※産前産後取得者申出書はこちらで印刷できます。

・育児休業期間中の保険料免除
育児・介護休業法に基づく育児休業制度を利用して3歳未満の子を養育する被保険者から育児休業等の取得の申出があったときは、事業主は、「育児休業等取得者申出書」を年金事務所等に提出することで、その間の被保険者・事業主分の保険料が免除されます。育児休業中の保険料免除期間と産前産後休業の保険料免除期間が重複する場合は、産前産後休業期間中の保険料免除が優先されます。
免除期間中も、被保険者資格に変更なく、算定基礎届は報酬の支払いがない場合も提出が必要です。

※育児休業等取得者申出書はこちらから印刷できます。